まずはお電話かメールを!

恋愛感情を伝えるためにまちぶせをしても、ただちに法律に触れることはありません。

初回のご相談は無料です

ストーカー規制法では、まちぶせをしてその相手に身体の安全、住居等の平穏・名誉が害され、または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならないとされ、そのような不安を覚えさせるような方法でまちぶせを繰り返すとストーカー規制法でストーカー行為として処罰されることになります。

許されない「まちぶせ」

恋愛感情も憲法で保障された重要な人権ですから、簡単に法律で規制することはできません。
したがって、法律で恋愛感情を逸脱した行動を禁止する場合には、どうしても必要な場合に限定されます。

ストーカー規制法では、一定の行為を「つきまとい等」として定め、「つきまとい等」をして相手に不安を覚えさせることが禁止されています。
そして、「つきまとい等」を繰り返す場合を「ストーカー行為」とし、犯罪にあたるものとして処罰することにしています。

ストーカー規制法の対象となる場合

変質者が、不特性の人につきまとったり、進路の前に立ちふさがっても、ストーカー規制法の対象にはなりません。

ストーカー規制法では、対象となる①行為の目的と、②行為の相手が限定されています。

①ストーカー行為の目的

まず、行為が、「特定の人に対する恋愛感情をその他の好意の感情」または「特定の人に対する恋愛感情等が満たされなかったことに対する怨恨の感情」を満たす目的で行われる場合に限定されます。

「好意の感情」とは、好きな気持ち、親愛感のことをいいます。
恋愛感情のほか、芸能人などに対する憧れの感情も含まれます。
また、異性に対する感情に限られず同性に抱かれるものも対象となります。

「怨恨の感情」とは、恨み、憎しみの感情です。
怨恨の感情は、自分の好意が相手に受け入れられないためにその好意の感情が怨恨の感情に転化したものであることが必要です。

②ストーカー行為が行われる相手

次に行為が行われる相手は、恋愛感情の対象の相手またはその配偶者、両親、子ども、祖父母、同居の親族、その他恋愛感情の相手の人と社会生活において密接な関係がある人(職場の同僚、友人など)に限られます。

規制の対象となる行為

ストーカー規制法では、このような目的をもって特定の人に対して、「つきまとい」や「まちぶせ」、「進路に立ちふさがり」、「住居や勤務先などの付近で見張りをし、または住居等に押しかける行為」などの法律の定める「つきまとい等」の行為をして、その相手の人の身体の安全、住居等の平穏・名誉が害され、または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせることが禁止されています。

そして、このような「つきまとい等」にあたる「つきまとい」や「まちぶせ」、「進路にたちふさがり」、「住居や勤務先などの付近で見張りをし、または住居等に押しかける行為」を、その相手の人の身体の安全、住居等の平穏・名誉が害され、または行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法で、繰り返し行うことを「ストーカー行為」として、6ヵ月以下の懲役または50万円以下の罰金で処罰することにしています。

近年「ストーカー」がとても話題になり、最悪のケースは殺人事件にまで発展してしまっている状況です。

ストーカーのターゲットになってしまうとストーカーは執拗にターゲットを追い求めてきます。
なぜなら、ストーカーの頭の中には、ターゲットとなってしまった人のことだけで埋め尽くされてしまっているからです。
ターゲットの自宅を突き止めてしまったストーカーは、あなたの毎日の行動を監視してきます。
それも、ターゲットには絶対に気づかれないようにです。

ストーカーが身近な人物だったとして、学校や職場で顔をあわせても、普段とかわりのないようにターゲットと接してきます。

しかし、ストーカーのなかには、露骨にターゲットに愛を告白するタイプもいます。
それだけではなく、ターゲットが恋人と付き合っていることを理由にストーカーの誘いを断ると、その交際相手にまでターゲットと別れるように迫ってくる場合もあり、さまざまな行為に及ぶケースもあります。

ただ、このようにストーカーを特定できる場合は、まだ比較的対処はしやすいです。

問題は、ターゲットの前にまったく姿を見せないストーカーです。
ストーカーがターゲットのことを追い求めるようになったのかは、ストーカーだけが知る秘密なのです。

ストーカー規制法の規制対象行為

「ストーカー行為」は、つきまとい行為を反復して行うことである(2条2項)。
そして、つきまとい行為 「つきまとい等」を以下のように定義する(2条1項各号)。

  • 住居、勤務先、学校その他通常所在場所でのつきまとい・待ち伏せ・進路立ちふさがり・見張り・押しかけ監視している旨の告知行為(行動調査など)
  • 面会・交際・その他義務のないことを行うことの要求
  • 著しく粗野な言動・著しく乱暴な言動
  • 無言電話、連続した電話・FAX(ファックス)・電子メール
  • 汚物・動物の死体等の送付等
  • 名誉を害する事項の告知等
  • 性的羞恥心を侵害する事項の告知等

ただし、本法律の規制対象となる「つきまとい等」とは、目的を、「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことにおく行為であって、また、その行為の相手方は、「当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者」であることも要する(2条1項柱書)。

また、上記については、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る」(2条2項)。

お申込みフォーム

- 下記メールフォームにてお気軽にご相談ください -

お送り頂いた内容は厳重に管理いたします。


お名前: ※必須項目です
Eメール: ※必須項目です
住所:
電話:
性別:  女
ご希望の電話時間帯:
ご連絡方法: 電話 メール
コメント:


ご相談BEST3

-男女間の金銭トラブル-

交際中にお金でもめることは少なくありません。 お金を借りるまではみないい顔をするもので、まして「結婚が前提の交際」となると、信用していただけに、金銭トラブルになってしまったときは大きなショックです。

→ next

-独身だと思ったら既婚者(妻子持ち)だった-

合コンや婚活パーティー、最近では婚活サイトやSNSなどで知り合った男性が独身だと言うので交際をはじめたが、実は既婚者または妻子持ちだったという被害が増えています。

→ next


-浮気調査-

男女問題解決センターには、浮気や不倫の証拠収集を専門とする証拠調査士がいます。 弁護士、認定司法書士が行う法律手続に必要となる証拠、浮気や不倫の証拠が必要な場合の証拠収集を行うことができます。

→ next