まずはお電話かメールを!


あなた自身がカードを作って渡してしまった以上、あなたは責任を免れることはできません。

初回のご相談は無料です

私は、以前に交際していた彼から「名前だけでいいから作って」と言われ、金融業者で私名義のクレジットカードを作りました。
暗証番号は彼の言うとおりし、カードを渡してしまいました。
それからしばらくして、私がカードを利用してブランドものを買ったとして、多額の請求がきています。
私は返済をしなくてはなりませんか。

外見上自分の行為と認められる事柄があれば、責任は負わなくてはならない

あなたは、金融業者との間では、ごく一般的な、自分を名義人とするクレジットカードに利用申込をし、その発行を受けたことになります。

確かにあなたの気持ちの中では、単に彼からの依頼でクレジットカードを作ることを了承しました。
使った分は彼が毎月振り込んで返済すると約束をしていたとしても、そのことはあなたと彼だけにしかわからないことで、金融業者は本当のところはわかりません。

最近では、金融機関は、本人であるかそうかの確認や、本人の意思の確認をかなり神経質にやるようになっており、あなた宛のクレジットカードが発行されたところを見ると、あなたは、そのような確認のための資料、例えば運転免許証の提示だとか、申し込みのあったことの確認のための紹介文書の返送だとかを行っていたのでしょうから、外側から見たらあなたはごく普通のクレジットカードを利用して買い物等をすれば、あなたが利用したものと思われ、あなたはその利用にもとづく責任を負わなければなりません。

あなたのようなことをしたなら、すぐに法律の専門家に相談をし、少しでも被害の拡大を食い止めるようにしなければなりません。

刑事事件に巻き込まれることもある

最近では、例えば預金口座を売ってくれと言われて、安易に通帳を作ってその通帳と印鑑を渡した結果、その口座が振り込め詐欺に使われていたなどと言うことはよく聞く話です。

また自分名義のクレジットカードが取り込み詐欺の道具として利用されるなどということもあります。

自分名義のカード等を作って他人に渡すということは、そうした詐欺など悪質な犯罪に加担するということでもあるということを、十分に考えなくてはいけません

 

お申込みフォーム

- 下記メールフォームにてお気軽にご相談ください -

お送り頂いた内容は厳重に管理いたします。


お名前: ※必須項目です
Eメール: ※必須項目です
住所:
電話:
性別:  女
ご希望の電話時間帯:
ご連絡方法: 電話 メール
コメント:


ご相談BEST3

-男女間の金銭トラブル-

交際中にお金でもめることは少なくありません。 お金を借りるまではみないい顔をするもので、まして「結婚が前提の交際」となると、信用していただけに、金銭トラブルになってしまったときは大きなショックです。

→ next

-独身だと思ったら既婚者(妻子持ち)だった-

合コンや婚活パーティー、最近では婚活サイトやSNSなどで知り合った男性が独身だと言うので交際をはじめたが、実は既婚者または妻子持ちだったという被害が増えています。

→ next


-浮気調査-

男女問題解決センターには、浮気や不倫の証拠収集を専門とする証拠調査士がいます。 弁護士、認定司法書士が行う法律手続に必要となる証拠、浮気や不倫の証拠が必要な場合の証拠収集を行うことができます。

→ next