まずはお電話かメールを!


携帯電話の履歴から、夫の浮気に気づきました。 離婚を考えていますが、もちろん慰謝料はもらわないとと考えています。

初回のご相談は無料です


不貞行為は離婚の原因になります

不貞行為は、当然離婚の原因になりますが、まず、法律の世界でいうところの不貞行為から理解する必要があります。

法律でいうところの不貞行為とは、性交渉のある関係に限定されています。
相手に好意を持っていてもキスだけでは不貞行為にはなりません。

しかし、キスだけでも恋愛感情があれば、人は傷つきます。
そこで性交渉はなくとも、程度や年月によっては離婚が認められます。

配偶者の不貞行為を裁判で証明するためには証拠が必要になります。
メールの内容やラブホテルに入るところなどの写真など、証拠は多いほど裁判を有利に進めることができます。

証拠写真を自分で撮影するのは難しい場合、探偵事務所や調査会社などを利用するのも一つの方法です。

浮気はもちろん、風俗通いも離婚の原因になる

夫は自営業ですが、領収書から頻繁にソープランドに通っていることが発覚しました。
これは離婚の原因になるのでしょうか?

不貞行為というのは浮気にかぎりません

民法770条(離婚原因)第1項1号には、「配偶者に不貞行為があった場合には離婚できる」とされています。

不貞行為というのは浮気に限りません。
ソープランドやホストクラブなどの風俗も、りっぱな離婚の原因になります

ちなみに、夫婦の一方が起こした浮気では、浮気された者はその浮気相手に慰謝料を請求することができます。

精神的慰謝料に関しては、民法第710条(非財産的損害の賠償)に規定されていますが、慰謝料の額はケースバイケースです。

許した浮気を理由に後に離婚することはできる?

5年前に夫が浮気をしました。
そのときは許しましたが、結局その浮気が原因で関係がギクシャクしてしまいました。
これ以上一緒に生活するのは無理なので、5年前の夫の浮気を理由に、離婚することはできるのでしょうか。

裁判では、広範囲にみて判断します

裁判では、5年前の夫の不貞にいたる経過とその内容、その後の浮気相手との関係、その後の夫婦の関係(仲を修復しようと努力したか否か)、現在の破局の状況、別居か同居かなど、広範囲にみて判断します。

その結果、5年前の夫の不貞がどうしても現在の破局の原因であれば、それを理由に離婚は成立します。
ただし、5年間において夫に反省の言動がみられるなら、成立しない可能性があります。

たとえば、夫が浮気をして、妻がそれを許して、やり直そうとお互い一度は合したが、妻がことあるごとにそれを口にして、夫を精神的に追い詰めた場合、夫がそれを理由に逆に離婚することができるようになっています。
このように、年月が経過した場合、立場が逆転することもあります。

立場の逆転ということでは、このような例もあります。
たえとえば、夫が酒癖が悪く飲むと暴力を振るう。
そういう夫が嫌になって、他に好きな男性ができて離婚を考えるというケースです。

裁判では、どうしても不貞がある方が悪くなりがちです。
しかし、不貞に走らざるを得ないような状況があり、それを証明できれば、対等の立場で離婚することができます。

お申込みフォーム

- 下記メールフォームにてお気軽にご相談ください -

お送り頂いた内容は厳重に管理いたします。


お名前: ※必須項目です
Eメール: ※必須項目です
住所:
電話:
性別:  女
ご希望の電話時間帯:
ご連絡方法: 電話 メール
コメント:


ご相談BEST3

-男女間の金銭トラブル-

交際中にお金でもめることは少なくありません。 お金を借りるまではみないい顔をするもので、まして「結婚が前提の交際」となると、信用していただけに、金銭トラブルになってしまったときは大きなショックです。

→ next

-独身だと思ったら既婚者(妻子持ち)だった-

合コンや婚活パーティー、最近では婚活サイトやSNSなどで知り合った男性が独身だと言うので交際をはじめたが、実は既婚者または妻子持ちだったという被害が増えています。

→ next


-浮気調査-

男女問題解決センターには、浮気や不倫の証拠収集を専門とする証拠調査士がいます。 弁護士、認定司法書士が行う法律手続に必要となる証拠、浮気や不倫の証拠が必要な場合の証拠収集を行うことができます。

→ next